ダッジ最強最速のバイパーを売る事は、ダッジディーラーにとってとても名誉のあること。 しかし、もしクライスラーのフラッグシップモデル(バイパー)を売る事に名誉を感じなかったとしても、8.3リッターV10のエンジンに初めて火を入れた時のオーナーの笑顔を見れば、きっと自分の仕事に誇りと喜びを感じるであろう。 

バイパーの命はこの先長くはないかもしれない。 しかし、少なくとも3つのディーラーにとって、バイパーはまだまだ主役のようだ。

ディーラーエクスクルーシブプログラムと称されたこのプログラムは、全米で最も多くのバイパーを売った3つのディーラーに3種類の特別なバイパーを製作するというもの。 ネブラスカのダッジオブブレアにはイエローとブラックのバイパーSRT10 ACRロードスターが、テキサスのトムボールダッジにはブラックとグリーンのリバースSRT10 ACRが、そしてイリノイのダッジオブローンクにはブラックとパープルのSRT10クーペがそれぞれ製作された。

3台とも非常に魅力的だが、問題はトータルで50台しか生産されないこと。 この50台はコレクター達によってあっという間に売り切れてしまうだろう。