トヨタ「GRMNスポーツハイブリッドコンセプト」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

これまでトヨタは、自社商品の開発において精密性を重視してきた。そのため、運転の楽しさについては二の次にされてきた印象がある。特に、「プリウス」を代表とする環境に配慮した車種には、エンターテインメント的な要素が少ない。しかし、トヨタの豊田章男社長は、将来を見据えて、このままではよくないと判断し、新しいコンセプトを加えた新モデルの開発に力を入れている。


豊田社長はアメリカでアクセルペダルの不具合を巡る問題が起きる以前から、「走る楽しさ」を追求した新モデルを作って、ラインナップの拡充を図りたいと度々発言していた。

その一つとして発表されたのが、生産が終了した「MR-S」をベースにしたコンバーチブル「GRMNスポーツハイブリッドコンセプト」だ。豊田社長は、このコンセプトカーで、環境への対応に取り組むだけでなく、車を所有する喜びや運転する楽しさの提供も同時に目指していることをアピールしたいと語っている。

環境に優しいハイブリッド車の開発はトヨタの得意分野だが、運転する楽しさを付加価値として車に与えるという観点からすれば、トヨタのハイブリッド車はまだまだ可能性を秘めているはずだ。

今後、楽しさとエコを兼ね備えたトヨタ車がさらに登場すると思うと、今から楽しみで仕方がない。

Related Gallery:Toyota MR2 Sports Hybrid


■関連リンク
【東京オートサロン2011】トヨタ自ら開発するカスタム・カー「プリウス G Sports Concept」!

【デトロイトモーターショー】トヨタが「プリウス」のワゴンを発表!
「FT-86」に試乗できる!東京モーターショー期間中に「お台場モーターフェスティバル」開催
【PR】 プリウスの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!