プロジェクト「ランニングブレード」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック、ビデオは下をクリック

今、芝刈り機が世界から熱い注目を浴びている。なぜなら、世界最速記録を更新した芝刈り機が登場したからだ。

以前、オートブログで紹介したドン・ウェールズ氏がドライバーを務める「ランニングブレード」プロジェクトを思い出した方は大正解。芝刈り機の最高記録を作るために努力していた彼らは、実際に新記録を打ち立てたのだ。
Related Gallery:

その記念すべき場所は、イギリスのサウスウェールズに位置するペンダイン・サンズ。ここで「ランニングブレード」の面々は、なんと時速141kmの新記録を樹立した。2006年にアメリカ人のボブ・クリーブランド氏が打ち立てた時速130kmを超えることに見事成功したのだ。

ウェールズ氏によると、次なる目標は時速160kmだそうで、早期の達成を狙っているという。一方、今回惜しくも記録が破られてしまったクリーブランド氏も同様、新記録に挑戦するというから今後が楽しみだ。

「ランニングブレード」が新記録を達成した瞬間のビデオと、芝刈り機メーカーであるカウンタックス社が発表したプレスリリース(英語)を要チェックだ。