洗練されたクロームメッキや金メッキのポルシェなら、ここ何年もの間に飽きるほど見ているが、どれも魅力に欠けていた。だが今回話題とするFerdinand GT3 RSはこれまでとはひと味違う。

最新の911 GT3 Rハイブリッドが電動のフライホイール式ハイブリッドシステムによって効率と性能を高めているのに対し、Ferdinandは超軽量構造によって、さらに効率の最適化を実現しているのだ。


Ferdinandは911 GT3 Rハイブリッドをベースに不必要なものをすべて排除した結果、車両重量は100 kg を切る99.6kgとなった。チューブフレームをアルミホイルで覆う革命的な試みも軽量化に役立っている。これでは軽量で有名なあのロータス・エリーゼも太刀打ちできないだろう。

もちろん、剛性の問題もあり911 GT3 Rハイブリッドほどの速度は出ないが、究極のエコでもあるゼロエミッションを目指すためなら、これくらいは我慢するべきだろう。 今回紹介する映像には、オーストリアのザルツブルクリンクに登場したFerdinandの姿が映っている。

興味のある方はぜひ、チェックしてほしい。情報提供者に感謝!