Switzer PerformanceがチューンしたGT2 R911Sの高解像度ギャラリーは下をクリック

2011年型ポルシェ GT2 RSよりもパワフルで価格を抑えた車が登場しても、まだ500台限定のGT2 RSを手に入れたいと思うだろうか? 

アメリカのチューニングメーカー、Switzer Performanceは、GT2 RSよりお手頃な値段にもかかわらず、GT2 RSをはるかに上回るパワーを生み出すチューニングモデル「GT2 R911S」を発表した。

ポルシェGT2 RSは最高出力が620馬力だが、SwitzerのR911Sは、その名のとおり驚異の911馬力を叩き出すという。さらに、JRZサスペンション・エンジニアリング社が設計したレース仕様のサスペンションが搭載されているというから驚きだ。ちなみに昨年のロレックス デイトナ24時間耐久レースでは、JRZのサスペンションを装備したマシンが優勝と準優勝に輝いている。

気になるR911Sの価格だが、約2264万円するポルシェGT2 RSより416万円も安い、約1848万円。さらに上のモデルをお望みなら、約2209万円のカーボンファイバー・モデルも選択可能だ。

こちらは、スチール素材のボディパネルがSEIBON社製のカーボンファイバー素材に変更されたモデルとなっている。これでもポルシェGT2 RSより安いのだから、魅力的なのは間違いないだろう。

プレスリリース(英語)もあるのでぜひチェックしてもらいたい。それと、目の保養のためのギャラリーもあるので、こちらもどうぞ。

Related Gallery:


関連リンク
【ビデオ】ノーマルのポルシェ 911 GT2 RSがパイクス・ピークをアタック!

【レポート】ポルシェが4000万円台のニューモデルを開発!?
【ビデオ】美しく壮大な景色に注目! 南CAからコロラドまでの1800kmを「911GT2RS」でトリップ!!
GT2 R911S購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!