ハミルトンとバトンのダイヤモンドを散りばめたステアリングとヘルメット(2010年モナコGPで使用)

モナコGPをサポートしている宝石メーカーの「シュタインメッツ」が、今年もワールド・チャンピオンの栄光を持つマクラーレンのチームドライバー、ジェンソン・バトンとルイス・ハミルトンのために、ダイヤモンドをあしらった特別仕様のヘルメットとステアリングを提供した。


2つの贈与品には、それぞれがタイトルを獲得した年がホワイト・ダイヤモンドで描かれている。ハミルトンは2008年にシュタインメッツ製のダイヤモンドを埋め込んだヘルメットを着用してモナコGPに挑み、なんと勝利している。レースを制するためならどんな力でも借りたいところだが、今年も、再びその運を引き寄せることは出来たのだろうか?

2人は実際にその特別仕様でレースに臨んだが、結果、ハミルトンは5位と健闘したものの、バトンは序盤でリタイア。ダイヤモンドの効果は"微妙"といったところだ。

このヘルメットとステアリングは、レースの4日前に、モンテカルロにあるシュタインメッツの別荘でお披露目されていた。これほど豪華な品であるのに、使用されるのはモナコGPだけとのことだ。詳細はプレスリリース(英文)で。