車専門サイト『Road & Track』の情報が確かならば、安価なスポーツカーのファンに朗報がある。それは、トヨタFT-86に小型でリーズナブルなモデルが開発されるかもしれないというニュースだ。


開発がうわさされるFT-86の小型モデルは、フロントエンジン式の後輪駆動で、出力110psの初代サイオンxB(日本名:トヨタ・bB)のエンジンが採用されるとのこと。価格も2万ドルを切るという。

サイトによると、これはFT-86の開発コストが予算を大幅に上回り、販売価格が当初予定していた2万ドル(約186万円)を超えてしまったため、低価格なスポーツカーを期待する顧客に向けたモデルだそうだ。

これが実現すれば、FT-86発売の翌年、つまり2012年には小型で手頃なFT-86が誕生するかもしれない。情報提供者に感謝!


FT-86購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!