【ビデオ】モトGPでバイクがドミノ倒し! 9台がクラッシュする瞬間をキャッチ!!
へレスで起こった「モト2」のクラッシュ映像は下のビデオをクリック

エンジン内部で、潤滑剤として使われるエンジンオイル。しかし、これが路面上にこぼれると、車両は極めて危険な状況に陥る。それが1秒を争うバイクレースともなるとなおさらだ。今回は、それが現実に起こり、悲惨な結果を招いた映像を紹介しよう。


先週スペインのヘレスで開催された、モトGP第2戦。「モト2」クラスのレースでその事故は起きた。発端は、ドライバーの富沢祥也とシモーネ・コルシによる接触。レースに事故は付き物なので、驚くことではないが、転倒した際にクランクケースのオイルがトラックにこぼれてしまったのだ。

このオイルにより、後続のバイクがドミノ倒しのように次々と転倒。結果として、計9台がクラッシュする大惨事となった。大きな負傷者が出なかったのは不幸中の幸いだが、レースは中断され再スタートとなってしまった。

レース終了後には、大会を運営するドルナ・スポーツ社の元GPライダーのフランコ・ウンチーニ氏が、「今後は、同様の事故を防ぐために、クランクケースにカーボンファイバー製のカバーを取り付けることを義務付けるだろう」と語っている。ドライバーの安全性は何よりも優先すべきことなので、この判断は妥当だろう。

事故の模様を写したビデオがあるので、ぜひチェックしてほしい。