2011年型フォード「C-MAX」の高解像度ギャラリーは下をクリック

先日、我々のところにフォード初となるヨーロッパ向けハイブリッド車の詳細が届いた。フォードはスペインのバレンシア工場で、新型「C-MAX」のガソリン車に加え、ハイブリッドとプラグインハイブリッド車も生産するという。この欧州向けハイブリッド・プロジェクトにはおよそ33億円が投じられ、生産開始は2013年になる予定だ。

Related Gallery:2010 Ford C-Max


注目のハイブリッド仕様車には、2012年に北米で生産開始予定の次世代ハイブリッドシステムが採用されるという。また、エンジンは新開発の1.6リッター4気筒の「エコブースト」が搭載されるとのことだ。

今年米国の市場に登場する新型C-MAXは、コンパクトハッチバック「フォーカス」をベースにした5人乗りのミニバンで、2012年型フォーカスのために生み出した新Cセグメントプラットフォーム「グローバルCプラットフォーム」を先行導入している。

ちなみに、新開発のグローバルCプラットフォームは、ハイブリッド車とEV車のパワートレインの重さに耐えうる設計になっているとのこと。今のところ、フォードはフォーカスをベースとしたEVの生産を予定している。今後、C-MAXについてもその可能性はあるだろう。


フォード C-MAX購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!