スパイショットされた2012年型メルセデス・ベンツSLKの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

メルセデス・ベンツは現在、2012年型メルセデス・ベンツ「SLKロードスター」の開発に全力で取り組んでいるようだ。詳細は明かされていないが、新型SLKは公式発表できるレベルに近づいており、今年秋のパリモーターショーにはお披露目されるといわれている。

Related Gallery:


詳細に関してはまだ分からないものの、新型SLKにはAMG製の新開発V6ツインターボエンジンが搭載され、483ps近くのパワーを持つロードスターになるとの噂がある。現行の「SLK55 AMG」の最高出力が360psであることを考えると、新型SLKがいかにパワフルかお分かりいただけるだろう。

今回入手した新型SLKのスパイショットを見ると、外観は「SLS AMG」からインスパイアされたデザインであることは一目瞭然。さらにインテリアも、SLS AMGの流れをくんで一新されているようだ。フラットなダッシュボードにコマンドシステムが組み込まれ、その下のセンターコンソールにはラジオや空調コントローラーが装備されている。現行のSLKのインテリアがやや地味な印象なだけに、我々は新型SLKのこの新たな内装に満足している。これならBMWの新型「Z4」にも負けないはずだ。

様々なアングルで撮影された新型SLKのスパイショットをギャラリーで是非チェックしてほしい。


メルセデス・ベンツSLK購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!