貴重なマクラーレン「F1」がイギリスに大集結!

マクラーレン「F1」がGT選手権の表舞台から遠ざかって以来、この車を目にする機会はめっきり減ってしまった。まぁ、それもそのはず、マクラーレンF1は約100台しか生産されておらず、そのうちロードゴーイングカーとして販売されたのは、たった64台なのだ。

その他の車といえば、ル・マン24時間レースでの初優勝を記念して生産された「F1 LM」が5台で、残りはGTRレースカーやプロトタイプのみである。


ところが先月、マクラーレンは今年3月に行った新型「MP4-12C」の正式発表にちなんで、現在のF1オーナーと車がイギリスのサリー州ワーキングにあるマクラーレンの本拠地へと招かれたのだ。

そして驚くことに、この集まりには生産台数の約5分の1となる21台のF1が集結した。同モデルがこういった形で一堂に会するのは、今回が初めてに違いない。

そのときの貴重な写真が1枚手に入ったので、ぜひチェックしてほしい。そして万が一、公道でこの車を発見した人はぜひ我々へ報告を!


マクラーレン購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!