フェラーリが

過去10年以上にわたり、タバコ会社のマールボロはフェラーリF1のスポンサーを務めてきた。しかしEUの規制によりタバコの広告が禁止されて以来、フェラーリのF1マシンに描かれてきた伝統的なあのマールボロのロゴは消され、代わりにバーコードのカラーリングが施されるようになった。

ところがここ数週間、フェラーリのエンジンカバーに描かれたバーコードがマールボロ社のロゴを認識させるサブリミナル広告なのではとの疑惑が浮上し、そのカラーリングが問題視されていた。


高まる非難の声に対し、フェラーリの会長、モンテゼモーロ氏は「ばかばかしい。まったくの言いがかりだ」とコメント。しかし9日にバルセロナで開催されたスペインGPに登場したフェラーリのマシンからは、議論の的となっていたバーコードは取り除かれ、白線でアウトラインを引いたような四角い形だけが描かれていたのだ。 フェラーリが

この件についてフェラーリからプレスリリース(英語)が発表されているのだが、最近削除されていることを考えると、あながち言いがかりではなかったのかもしれない。


フェラーリ購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!