2011年型ジープ・グランドチェロキーの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

我々は新型ジープ・グランドチェロキーがニュルブルクリンクでテスト走行する姿を入手した。驚くことに、車情報サイト『Pistonspy』のスタッフが撮った今回のスパイショットにはカモフラージュが一切ない。また、ジープのテスト走行がなぜサーキットで行われていたのかも不思議だ。

Related Gallery:2011 Jeep Grand Cherokee Spy Shots


勝手な予想ではあるが、その答えは同車に新しく装備されたエアサスペンションにあるのではないだろうか。この「クアドラリフト」と呼ばれるサスペンションにより、ドライバーは走行場所のコンディションに合わせて、車高の高さを5段階で調整できる。最も低い設定で約114ミリメートル、最も高い設定だと約282ミリメートルになる。写真の状態はおそらく車高を一番低くしたものだろう。

待望の2011年型グランドチェロキーは、もうすぐ市場に登場する。国によって違いはあるかもしれないが、顧客の希望に合わせてエンジンの選択ができるようだ。ちなみに、アメリカではV6とV8がオプションに加わり、その他の国ではディーゼルエンジンも選べるようになるだろう。