著名人が自分の体の一部に保険をかけるのはそれほど珍しいことではない。むしろ彼らにとって、保険はキャリアを築いていく上で欠かせないものなのだ。

例えばスーパーモデルのハイディ・クルムはかつて、その美しい両脚に約2億円の保険をかけていたというし、リバーダンスで有名なマイケル・フラットリーは奇跡のステップを踏む両脚に約36億円の保険をかけていたというウワサもある。

もちろんスポーツ選手も負けてはいない。サッカー界の貴公子デビッド・ベッカムの両脚には、なんと総額約65億円もの保険がかかっているという。そしてどうやら今回、この高額保険契約者のリストに、F1界の人気レーサー、フェルナンド・アロンソの名前も加わることになりそうだ。


というのもアロンソの両親指には、フェラーリのスポンサーであるサンタンデール銀行と交わした約11億円の保険がかけられているのだ。

現在、ドライバーズポイントでルイス・ハミルトンと3位タイのアロンソ。彼のスポークスマンは、「アロンソの親指はマシンの運転に欠かせないだけでなく、勝利したときに上げる指でもあり、とても重要なものだ」と語っている。

今後もアロンソの親指の活躍に大いに期待したい!