【北京モーターショー2010】ホンダが中国向け新コンセプトカーを発表!
4月23日から開催している北京モーターショー。その中でホンダが中国マーケット向けに新しいコンセプトカーを発表し、話題になっている。

「エベルス」と名付けられたこの車は、ホンダの中国合弁会社の広汽ホンダが生み出した自社ブランド「理念」のコンセプトモデルだ。詳細はまだ不明だが、新しいセダンはそのネーミング通り、同社の"理念"を表現したものらしい。
Related Gallery:Li Nian Everus Sedan
Li Nian Everus SedanLi Nian Everus SedanLi Nian Everus SedanLi Nian Everus Sedan


写真から判断すると、「シビック」の流れを組むと思われるが、斬新なフロントグリルとリアエンドのデザインは高級ブランド「アキュラ」のような印象だ。

今後、このエベルスは東南アジア向けの小型セダンをベースに製造されるようだ(ちなみに、東南アジア向けのセダンはシビックがベース)。大きな開発費を省力できることを考えると、販売までの支障は少なく済むだろう。

これまで中国市場では、ホンダのもう一つの合弁企業である東風ホンダがコンパクトカーを扱っていたが、広汽ホンダにはこれまでこのクラスのラインアップがなかった。エベルスが発売されたら、東風ホンダよりも若干ハイクラス向けに、高級感を打ち出した車として販路を広げていくことになるだろう。