アルファロメオ「TZ3コルサ」が、イタリアでついにお目見え! トップデザイン賞も獲得!!
アルファロメオ「TZ3」とアンドレア・ザガートの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

24日、北イタリアのコモ湖で開催されていた「ヴィッラ・デステ・コンコルソ・デレガンツァ2010」で、カロッツエリアの「ザガート」がアルファロメオ「TZ3コルサ」を正式発表した。

クラシックカーやニューモデルのコンセプトなど、「造形の美しさ」を競う歴史あるこの大会で、TZ3は「コンセプト・プロトタイプ部門」のトップデザイン賞を見事獲得している。大会に集まったリッチな人たちも、この車の魅力に心動かされたに違いない。
Related Gallery:Alfa Romeo TZ3 Corsa Live

Related Gallery:Alfa Romeo TZ3 Corsa


TZ3は、60年代初頭のヨーロッパ・レース車独特のクラシカルな魅力を持ち、現代の車にはない気品が感じられる。ボンネットにデザインされた"落書き"さえも気にならない素晴らしい仕上がりだ。我々の唯一の不満はTZ3のチューブラーフレームとカムテイルのボディを実際の目で拝めなかったことだ。もちろん、車に対する不満は一つもない。

とはいえ、幸運にもオートブログの読者が現地からこの車の写真を送ってくれた。プレス用の写真より、こういった臨場感あふれる写真の方がずっと雰囲気が出ていいものだ。ザガートのオーナー、アンドレア・ザガート氏(上の写真)は、さぞかし幸せな50歳の誕生日を迎えたことだろう。ギャラリーでその美しいスタイルをぜひチェックしてほしい。