精彩を欠くシューマッハにニューマシン!

F1界への復帰で話題を集めているミハエル・シューマッハだが、一部では精彩を欠いたパフォーマンスに批判の声も挙がっている。

しかし、メルセデスGPチームは、問題はシューマッハではなく、マシンにあると考えているようだ。ところが、彼の若いチームメイトであるニコ・ロズベルグは、今シーズンすでに2度も表彰台に立ち、ドライバーズポイントでも現在2位の成績を収めている。それでも、問題は本当にマシなのだろうか?

その答えは、5月9日にバルセロナで行われるスペインGPで明らかになるかもしれない。報道によると、メルセデスはシューマッハに新シャシーを用意し、次回のカタロニア・サーキットで試すという。

もし新シャシーがシューマッハにより合うのであれば、残りのシーズンはその新しいマシンで走ることになるだろう。一方、チームメイトのニコ・ロズベルグについては、現在の彼のパフォーマンスを考えると、現行のマシンのままでいく可能性が高い。

そうなれば、F1では珍しく、1つのチームが違うタイプのマシンを2台走らせることになる。果たして、昨年ブラウンGP時代に獲得したタイトルを守ることはできるのか?

来月のスペインGPが待ち遠しい。