【スパイショット】テスト走行へ向かうアウディ「R8 ClubSport」をキャッチ

アウディ「R8 ClubSport」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

アウディは、ミッドシップスポーツカー「R8」に5タイプのモデルを設定し、今後2年の間に、V型8気筒やV型10気筒エンジンを搭載したクーペやコンバーチブルの生産を進める予定だ。そして今回、レースカーのテクノロジーが組み込まれた最新モデルの「R8クラブスポーツ」と思われる車がドイツ国内でキャッチされた。給油口のキャップも含め全体がマットブラックに塗装され、スタンダードモデルとは一線を画す点がいくつか見られる。
Related Gallery:Spy Shots: Audi R8 ClubSport

フロント部分を見ると重心がわずかに低くなり、スプリッターとウィングレットの形状が改良されている。後部は大きめのラウンド型のマフラーに、バンパー回りの変更とリアウィングが特徴的だ。また、車体も若干だがワイド化しており、カーボンセラミックのディスクブレーキが大きくなっているのが見て取れる。

新型のクラブスポーツは、車体重量を数十キロ単位で減らすために、かなりの量のカーボンファイバーを使用していると思われる。また、サイドシル・インテークの形から推測すると、ミッドシップにはV型10気筒エンジンが引き続き採用されているだろう。なお、トランスミッションには新型デュアルクラッチが導入される予定だ。

現在のペースで開発が進めば、R8の最新モデルのお披露目は今秋開催のパリモーターショーとなる可能性が高い。それまでは、ギャラリーの写真をながめつつ、楽しみに待っていて欲しい。

関連リンク
これがアウディ新型R8のフロントフェイス?

【ビデオ】アウディR8 V10とホンダ シビックタイプR MUGENが公道で接戦バトル!
ついに公開、アウディ『R8 GT』の詳細。価格は北米で約1,580万円!!!
アウディR8にV8 4.2リッターの新エンジンが登場

【PR】 アウディの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!