【ノスタルジック2デイズ】省燃費仕様ハチロク「トヨタ・カローラ・レビン
今も昔も、チューニングの素材にされることが多い "ハチロク" だが、「テックアート」が展示していた「カローラ・レビン」は一味違う。その名も「ECOハチ」といい、これは徹底的に省燃費を追求した「地球にやさしいハチロク」なのである。

Related Gallery:

エンジンに特別な加工はせず、ただフリクションを最大限に軽減させるようにオーバーホール。4A-Gの特徴でもある軽快さは失っていないという。
最大の秘密は電気系統にあるようだ。トヨタMR2(3S-G型エンジン)用のAPEX製「パワーFC」というコンピュータを使用し、燃料噴射を緻密に制御。オルタネータも発電時に負担の少ない低抵抗タイプに換えてある。
さらにパワーステアリングは油圧式から電動式に変更されている。ポンプを回すことでエンジンに負担がかかる油圧式よりも、電気でモーターを回す電動式の方が燃費には有利だからだ。現代のエコカーでは電動式が当たり前になっていることからも、効果の大きさは想像できる。

もう一つ、面白いのは「T-VIS」に施された "仕掛け" である。
トヨタの4A-GE型エンジンには、T-VISという可変吸気システムが採用されている。これは2本ある吸気バルブのインテーク・マニフォールドを、低回転域では片側を閉じてトルク向上を計り、また高回転域では2本に切り替えることで出力向上を狙うというものだが、「ECOハチ」ではこのT-VISを燃費向上の目的で使用。室内のインパネにスイッチを追加し、ドライバーが手動でこのオン・オフを切り替えられるように細工されている。高速道路巡航時や街中ではオンにすれば "ECOモード" となり省燃費走行が可能、スポーツ走行を楽しみたいときにはオフにすれば "POWERモード" となり存分に動力性能を引き出せるそうだ。

その他、実に様々な工夫を積み重ねた結果、このECOハチの燃費は18km/リッターを達成したという。高速道路を法定速度で巡航すれば19.6km/リッターまで伸びるそうだ。さらにテックアートでは研究を続けることにより、20km/リッターあたりまで狙えそうとのことだった。
また、その反面パワーが犠牲になっているということもなく、シャシー・ダイナモで計測した結果、最高出力129.9ps/最大トルク16.1kgmという、カタログ・データを超える数値を記録したという。ただしこのECOハチ、エンジンはほぼノーマルだが排気系には手が入っている様子。

最後に現在のハチロクの価格相場について訊いてみたところ、「普通に乗れる仕様で70万円から」とのこと。ちなみにECOハチ同様にオーバーホールされたコンプリート・エンジンに載せ替えるには、工賃込みで44万1千円から(エンジンおよびその付属品のみ)。ターボ・チューンまで求めると、対応ピストンまで含めて200万円からと、結構な投資が必要だ。

省燃費仕様やターボ仕様から、450万円の極上ノーマルまで、ハチロクの世界は奥が深いことがお分かりいただけただろうか。


ハチロク購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!