【上海エキスポプレビュー】 シトロエンの大型サルーン、「メトロポリス」が登場!

シトロエン メトロポリス コンセプトは下の高解像度ギャラリーをクリック

最近、フランスの自動車メーカーが世の中を驚かすことは少ない。だが、彼らが努力していないわけではない。その証拠に、今回はシトロエンの「メトロポリス」をご紹介しよう。

シトロエンの最新のコンセプトカー、メトロポリスは大都市をイメージして命名されたようだ。車体は全長5300mm×全幅2000mmで、ロングホイールベースのメルセデス・ベンツ Sクラスよりも長く、マイバッハより幅が広いという圧巻の大きさを誇っている。
Related Gallery:Citroen Metropolis Concept


まるでリムジンのようだが、気になるパワートレインはどうなっているのだろうか。ここ数年、PSA(PSA・プジョーシトロエン)はハイブリッドシステムを積極的に採用する傾向にあり、今回のメトロポリスにも同様のシステムが組み込まれている。

エンジンは2.0リッターのV6で最大出力は276ps、電気モーターと合わせればトータル466psまで跳ね上がる。また、パワフルな4WDに加え、7速デュアルクラッチを採用している。

この新型車は、来月開催の上海モーターショーでお披露目される予定となっている。現在開催中の北京モーターショーで、BMWが5シリーズのロングホイールベース仕様を、アウディが新型A8 Lを発表しており、PSAもメトロポリスで大型車に参入といったところだろう。

今のところ、メトロポリスの写真は少ないが、貴重な写真をギャラリーでチェックしてみてほしい。最新情報が入り次第、またお伝えするつもりだ。