【レポート】トヨタがレクサスGXの横滑りを正式に認める! 原因究明へ徹底調査

先日、米消費団体専門誌『コンシューマー・リポート』(以下CR)は、トヨタの2010年型レクサスGX460」に横転事故の危険性があることを指摘した。それを受け16日に、レクサスは「走行テスト行い、CRが指摘した問題と同様の結果を確認した。可能な解決策を検討中である」と、『ニューヨーク・タイムズ』紙に語り、同モデルがコーナーで急なステアリング操作を行うと、横滑りをする可能性があることを正式に認めた。

現在、日本の技術チームによる原因究明と解決策の徹底調査が行われており、 『ニューヨーク・タイムズ』紙はトヨタ側の対応は迅速だったと報じている。またトヨタは、安全性が確認されるまで、全世界でのGXの販売を一時停止し、GXのオーナーには各ディーラーから代替車を提供するとしている。


現時点では、原因は判明していないが、関係者からは、電子制御システムのプログラの不具合を指摘する声もあり、横滑り防止装置の交換やソフトの書き換えといった対策を取るのではないかとも言われている。原因が判明次第、トヨタは自主改修に入る予定だ。

『コンシューマー・リポート』による走行テストの模様や指摘される問題の詳しい情報(英語)を知りたい方は、こちらをクリックしてご覧いただきたい。


新車購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!