【スパイショット】ニュルブルクリンクでテスト中の新型メルセデス・ベンツCLS AMGを目撃!

2011年型メルセデス・ベンツCLS AMGの高解像度ギャラリーは下をクリック

新型メルセデス・ベンツCLSクラスの発表が刻一刻と迫る中、メルセデスのスタッフたちはとびきりカッコイイAMGバージョンを生み出そうと開発に力を注いでいることだろう。この新型CLS AMGが市場に出回るのは、来年初めの新型CLS発売直後とみられている。



新型CLS AMGには、メルセデス・ベンツの高性能車開発部門であるAMGが手がけた新しい直噴5.5リットルV型8気筒ツインターボエンジンが搭載される見込みだ。この新型エンジンによりCLS AMGは、スタンダードモデルで最高出力551ps、最大トルク81kgmを生みだし、さらにハイパフォーマンスパッケージ・モデルでは最大出力579ps、最大トルクは驚きの91kgmを誇ると言われている。ギアには新型Eクラスに採用されている電子制御7速オートマティックトランスミッションが搭載され、加速性能を徹底的に高める工夫がなされるだろう。またハイパフォーマンスパッケージには強化されたブレーキやサスペンションコンポーネントが用意され、より強靱な足回りが実現されるはずだ。
Related Gallery:Spy Shots: 2011 Mercedes-Benz CLS AMG


今回入手した最新のスパイショットを見ると、新型CLS AMGはサイズが大きく、赤いブレーキローターが採用されているのが分かる。フロントにはLEDデイライトが装備され、フロントグリルはSLSにインスパイアされたスタイルになっている。アーチ型のルーフラインは現行のCLSとさほど変わりはないものの、リアには新しいデザインのテールランプや台形の4本出しマフラーがあしらわれている。

新型CLSが秋のパリモーターショーでお披露目されるのを待ち望みつつ、その後すぐにAMGバージョンのCLSが発表されることを期待して待つとしよう。


メルセデス・ベンツCLS AMG購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!