2010年型レクサスGX460の高解像度ギャラリーはこちらをクリック

米消費者団体専門誌『コンシューマーリポート』は、トヨタのラグジュアリーSUV「レクサスGX」に安全性の問題があるとして、同誌が発表している"買ってはいけない車"のリストにその名前を挙げた。

彼らが行った緊急時における運転テストによると、GXはトラクションコントロールがうまく作用せず、横滑りを起こしたという。つまり、横転事故の可能性があるということだ。

ところが、GXと共通パーツを多く使っているトヨタ「4Runner」(日本名:ハイラックスサーフ)には何の問題も見当たらなかった。 レクサスに搭載している贅を極めた数多くのオプションが車重オーバーをひき起こし、車の安定性を欠いたということなのだろうか? もちろん、GXには4Runnerとは異なる走行プログラムを施している可能性もあるだろう。

トヨタは『コンシューマーリポート』が指摘した問題に対し、「真剣に受け止めていく」とコメントしている。だが、ブレーキペダルの問題など消費者からトヨタに対する批判が相次いでいることから、今回ブラックリストに挙げられたレクサスGXが新たな火種となる恐れもある。今後の動向が非常に気になるところだ。
Related Gallery:




新車購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!