米の田舎街で行われたフェラーリ「458イタリア」の公開イベント

2011年型フェラーリ「458イタリア」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

フェラーリは3月に南カリフォルニアで開催したハイチ地震復興支援のためのチャリティオークションに、新型「458イタリア」の米国第1号車を出品した。このオークションに招待されたのは一握りのVIPとセレブのみ。フェラーリは、今年の主要なモーターショーへの出展を取りやめているため、このオークションの出席者は最新V8ミッドシップクーペを実際に見ることができた貴重なアメリカ人になった。
Related Gallery:

そんな458イタリアがついに一般公開された。発表会場となったのは、ユタ州のトゥーレという小さな町にある「ミラー・モータースポーツパーク」。ここは「フェラーリ・チャレンジ」が行われるサーキットで、その第2戦の開催に合わせて、この場所でお披露目となったようだ。 会場には、セミワークスのレース出場車両を開発・提供する部門「Ferrari Corse Clienti(フェラーリ・コルセ・クリエンティ)」が手がけたレースカーや、「F430チャレンジ」の車を一堂に集めたガレージがあり、458イタリアはかなり目立つ場所に展示されていた。田舎町であっても、大きな注目を集めたのは至極当然のことだろう。 ギャラリーでは、この雄姿をチェックできるのでお忘れなく。また、オートブログでは「フェラーリ・チャレンジ」についてもお伝えしていくので、こちらも楽しみに待っていて欲しい。