MTMチューンのアウディR8 は568psで後輪駆動!

MTM R8 GT3-2の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

ドイツのチューナーMTMは、時速393kmを記録したツインエンジンのAudi TT Bimotoといった変わったチューニングをよく行う。そして今回、MTMが手がけたのがこのアウディR8だ。エンジンはスーパーチャージャー搭載4.2リッターV8エンジンと普通だが、クワトロシステムから前輪駆動を取り去り、純粋な後輪駆動にしてしまったのだ。MTMいわく、こうすることで今までにないアウディの走りを発見し、純粋なドライブの楽しみを味わうことができるという。

GT3-2と名づけられたこのチューニングパッケージは、出力568ps、最大トルク59kgmを叩き出すスーパーチャージャーシステムや、カーボンファイバー製のエアロパーツ、より大きくなったフロントブレーキとリアブレーキ、調整可能なビルシュタイン製サスペンション、MTM独自のBimotoスタイルのホイールなどが含まれる。プレスリリース(英語)や高解像度ギャラリーを見てぜひチェックしてもらいたい。
Related Gallery: