【ノスタルジック2デイズ】小さくても高性能!「ホンダ S800クーペ」
ホンダがモータースポーツで培った技術を惜しみなく注ぎ、作り上げた高性能小型スポーツカーが「ホンダ S800」、通称 "エスハチ" だ。

Related Gallery:

1962年、まだ四輪車製造の実績がないにもかかわらずF1参戦を表明したホンダは、同時期に全日本自動車ショーで「ホンダスポーツ360」「同500」を発表。小さなオープ・トップのボディに水冷直列4気筒DOHCエンジンを搭載したこのクルマには、二輪のレースで世界を制覇した技術が随所に活かされていた。
翌年、排気量531ccの「S500」のみが発売され、64年にその後継モデルとして「S600」が登場。その名の通り排気量は606ccに拡大し、さらに65年にクーペが追加された。 1966年には「エス」の最終形となる「S800」へと進化。"時計のように精密に回る" と言われた直4DOHCエンジンの排気量は791ccとなり、最高出力70psを8000回転で発生。最高速度は160km/hに達した。全長3335mm×全幅1400mm×全高1200mmというサイズはライバルだった「トヨタ・スポーツ800」よりも小さい(全高を除く)ほどで、現代の軽自動車以下である。



「ガレージ・イワサ」が展示していたのはこのクーペ版。オリジナルに忠実に仕上げてあり、価格は330万円となっている。
同社ではロータス・エランも多く扱っているので、エランと比べたときのホンダ・エスの魅力について代表の岩佐三世志氏に尋ねると「エランはキットカー。いつ完成したのか分かんない」のに対し、「エスは工業製品として優等生」とのこと。機械の作りの良さが「雲泥の差」だそうだ。
それでも当時、エランの価格はエスの2~3倍だったという。

エランを買う人は、どこがよかったんでしょう?
「そりゃあ、エランを買えばレースに勝てたもの(笑)」
排気量が違いますよね。
「あとやっぱり軽さ。軽いってのはすごいんだよ」
エランの排気量はエスの約2倍。車両重量はエランの方がS800より100kgも軽い。

現在の価格相場は?
「同じくらい。(数年前に比べて)エランは安くなった。エスは高くなった」
エスにはS600やS800、オープンとクーペがありますが。
「それはあんまり関係ない。(車両の)状態による」「ウチでは250万〜350万。ヨソにはもっと安いクルマもあるかも知れないけど、中には80万円位しか価値がないものもある(笑)」

いま買って乗るとすれば、維持費はどのくらいかかる?
「カローラやサニーの‥‥って今は言わねえのか(笑)、ヴィッツやフィットの(笑)2割高くらいか」

部品の供給は大丈夫?
「ウチにはストックがある」
「よく(レストアして)新車以上って言う人いるけど、絶対新車以上にはならないよ。エンジンのアルミだってシャシーの鉄だって、何度も熱が入っては冷めての繰り返しで、形は変わっちゃってるんだから。新車と同じには戻らない」

たとえば現代のホンダS2000あたりと比べて、当時のエスの魅力は?
「この頃のエスは、F1やってるレース屋が専用設計で作ったクルマなんだから!。エンジンはもちろん、この形を作るためにジェネレーターからブレーキから全て専用設計。だから今で言えば、(S2000というよりも)マクラーレンが作ったクルマ(「MP4-12C」!?)みたいなもんよ」



S800の当時の新車価格は65万3000円。現在の貨幣価値に換算すると約500万円だ。
作りを考えれば、破格に安かった‥‥と言っても買える人は決して多くはなかった。「当時、クルマなんか買える人はお大臣。買えないけど優秀な人は作る方に回った。どっちにもなれなくて、それでもクルマが好きな人が俺みたいに売ったり直したりしてるんだ」という岩佐氏の言葉が印象的だった。