【レポート】視覚障害を持つトルコ人の有名歌手が、世界最速記録を更新!

先日、トルコ人歌手のメティン・シェンテュルク氏が、フェラーリ F430で陸上走行の世界最速記録を打ち立てた。トルコ東部にある空港の滑走路で出されたこの記録は、なんと時速292.89km。

車の世界新記録にしては遅いと思った人もいるだろう。だが、実はこの記録を樹立したシェンテュルク氏には視覚障害があり、視覚障害者の単独走行での世界記録なのだ。もちろん、ギネスブックにも認定された。

今回、彼はラリードライバーのボルカン・ウシュク氏による無線の指示を受けながら、偉業を達成した。記録更新後にシェンテュルク氏は、「本当にタフだった。死のダンスを踊っているみたいだったよ」とコメントしている。

参考までにご紹介しておくと、去年10月に南アフリカのHein Wagner氏が、メルセデス・ベンツSL65 AMGブラックシリーズで達成した同伴者ありの走行記録と比べても、今回の記録は時速30km程度しか変わらない。ハンデを背負いながら、偉業を成し遂げたシェンテュルク氏へ大きな拍手を送りたい。