特別展示車両として最も注目を集めていたのがこちら、
「プリンスR380A-I」だ。第3回日本グランプリ優勝車の、これは復刻モデルである。

プリンスR380は、プリンス自動車工業が「打倒ポルシェ」を目標に掲げて制作した我が国初のプロトタイプ・レーシングカー。ブラバムBT8Aのシャシーをベースに製作された鋼管スペースフレームにアルミニウム製ボディを載せ、1996ccDOHC24バルブ直列6気筒GR8型エンジンをミドに搭載する。

Related Gallery:


話は1963年に開催された第1回日本グランプリまでさかのぼる。
我が国初の大規模な自動車レースで、車両規定を遵守し、ほぼ無改造のスカイライン・スポーツとグロリアで参戦したプリンス自工は、惨敗を喫することになる。
翌年の第2回日本グランプリでは、本格的にレース用車両として「スカイラインGT」を開発。もともと4気筒を積んでいたスカイラインのノーズを延ばし、グロリア・スーパー6用の6気筒エンジンを "無理矢理" 搭載したこのクルマ。だがしかし、式場壮吉(妻は歌手の欧陽菲菲)が個人輸入して参戦したポルシェ904に勝てなかった。いくらレース用とはいえ、今で言うツーリングカーのスカイラインに対し、ポルシェ904は純粋なレーシングカー。敵うはずもなかったのだが、このとき一周だけとはいえ生沢徹がドライブするスカイラインGTがポルシェの前を走ったことから、いわゆる「スカイライン伝説」が生まれたのは有名な話だ。
そして一年の間をおいて1966年。鈴鹿サーキットから富士スピードウェイへと場所を移して開催された第3回日本グランプリに、プリンス自工は4台のR380を投入。ポルシェ906を破り悲願の優勝を果たした。

今回展示されたプリンスR380A-Iは、このレースで砂子義一選手が乗り優勝した11号車を、1990年代になってから復刻製作したもの。プロジェクトの中心となったのは、当時プリンス自工でレーシングカー開発の中心人物だった櫻井眞一郎氏率いるS&Sエンジニアリング。
偶然発掘されたGR8型エンジンを神奈川県のレイニック・ラボ(現レイマックス)がリビルドし、当時の設計図を元に製作したシャシーに搭載。ボディは現存する実車から型を取りFRPで製作されたという。シャシーとボディは村上商会が担当した。
トヨタ博物館に展示されている "本物" と比べると、後輪ホイールの形状が異なることに気づく。

実はこの日、第3回日本グランプリ優勝ドライバーの砂子義一氏が会場に姿を見せていた。R380のゼッケンサークルに入れられたサインは、氏のものである。ステージで行われていた元マツダRX-7開発主査の小早川隆治氏と日本の "ミスター・ルマン" 寺田陽次郎氏のトークショーに飛び入りで参加し(させられ)、ライバル同士として競い合った当時のエピソードなどを披露してくださった。

左から砂子義一氏、小早川隆治氏、寺田陽次郎氏