オバマ大統領の専用リムジンは、ハイブリッド化できない?

キャデラックの大統領リムジンの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

人生において、あなたの望むものが何でも手に入るわけがない。それはどんなに偉い人物でも同じことだ。

先日、アメリカのオバマ大統領は、専用リムジンをハイブリッド車にするという望みが叶わなかったことを明らかにした。自由世界のリーダーともいえるオバマ氏の希望が通らないとは、一体どういうことなのか?

Related Gallery:2009 Presidential Limousine


この案を却下したのは、シークレット・サービスだ。大統領のボディーガードである彼らは、巨大なボディを持つキャデラックを非常時に疾走させるには、ハイブリッド車では馬力が足りないと主張したらしい。

しかし考えてみてほしい。V8エンジンが搭載されたキャデラックの「エスカレード ハイブリッド」には、約3500kgの牽引力があるではないか。つまり、それは表向きの理由であって、本当は電子関係が故障しやすいハイブリッド車を懸念したのかもしれない。もちろん、これは我々の勝手な予想なので真偽のほどは定かではない。

大統領専用車のスペックは明らかにされていないが、防弾・防爆仕様になっており、かなりの重量であることを考えれば、強力なトルクを生み出す8気筒エンジンあたりが搭載されているのではないだろうか。またディーゼルエンジンで、一般的なRV車と同程度の燃費になっているとの噂も耳にしている。

オバマ大統領のこの発言は、アメリカ政府が公用車としてトラックを含むハイブリッド車5000台を購入したという報告の最中に飛び出した。ちなみに、GM株を大量に保有している国からの発注だけに、この5000台にゼネラルモーターズ(GM)の社員割引が適用されたかが気になるところだが、これについての言及はなかったことを付け加えておこう。