中国市場では、ロングホイールベースのラグジュアリーセダンが好まれる傾向にあるらしい。以前から中国向けのロングホイールモデルを発売しているビュイックボルボの他、最近ではアウディA4LA6L、BMWは5シリーズのロングホイール仕様に続き、3シリーズにもストレッチボディを投入するらしい。

そして、メルセデス・ベンツも2010年モデルのEクラスで、ロングボディを採用するようだ。中国の自動車関連ニュースサイト『China Car Times』によると、メルセデスはEクラスに"中国的な特色"を加える計画があると報じている。北京汽車と独ダイムラーの合弁会社である「北京ベンツ」が、「E300L」を中国で生産する準備中であることが明らかにされたのだ。メルセデスは中国市場で明らかに遅れを取っており、その遅れをこのモデルで取り戻したいようだ。

とはいえ、A4Lや5シリーズ同様に、この「EクラスL」がアメリカや日本に上陸することはないだろう。




メルセデス・ベンツ購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!