【レポート】インドの大衆車、スズキ「マルチ800」が排気ガス規制により生産中止
フォード
の「モデルT」やフォルクスワーゲンの「ビートル」、フィアットの「500」などは、世界各国で大衆車の代表として愛されてきた名車と言えるだろう。そして、スズキがインドで販売してきた「マルチ800」もそんな大衆車の一つだ。「マルチ800」は1983年にインドで発売され、爆発的人気となり、すぐに「インド大衆車の王様」となった車である。

他メーカーがうらやむほど好調に販売を伸ばしてきた「マルチ800」ではあるが、インド政府の排気ガス規制の強化に伴い、なんと間もなく生産を終了するとの情報が入ってきた。

規制をクリアするために改善し、復活するとの見方もあったが、マルチ・スズキ社によると、今のところその予定はないらしい。どうやら「マルチ800」は消えゆく運命にあるようだ。

今後、インドの大衆車はタタ「ナノ」のような車に取って代わられるのだろうか? インドのこれからの自動車産業に注目だ。

■関連リンク
スズキの "テンロク・ホットハッチ" 、新型「スイフト スポーツ」(もうすぐ)発売!
【フランクフルトショー2011】6MTで魅力を増したスズキの新型「スイフト スポーツ」登場!

スズキ、来月ドイツで発表する新型「スイフト スポーツ」の画像を公開!

【PR】 マルチ800の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!