【噂】ホンダHSV-010のロードカーが来年完成か? 2012年には市販化へ?!

ホンダHSV-010 GTの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

驚くべき話がドイツのウェブサイト『Autobild』に掲載されていた。ホンダがNSXの後継車となるHSV-010の市販に向けて、来年にもその製造を開始するというのだ。

このニュースの何が驚くべきものなのか? 理由は2つある。一つは、レースカーのHSVをレーストラックから公道にデビューさせること。これを実現させるには、かなりの苦労が必要になる。もう一つは、我々が最後にホンダの技術チームと話したときに、NSXの後継車の開発がうまくいっておらず、悲惨な状況だと感じていたからだ。

Related Gallery:


にもかかわらず、記事によると、HSV-010は車幅を少し狭くし、大きなリアウイングを取り払って、レースカーからロードカーへと変貌をとげるというのだ。

V8エンジンはそのままフロントに搭載され、Super GT用の3.4リッターV8エンジンの代わりに、出力500ps以上の5.0リッターエンジンが付けられるという。

つまりこれでレクサスLFAに日本製のライバルができるということか? ホンダから公式発表があるまでは、こんな噂話を楽しむのもアリだろう。それにしても、NSXが復活するかもしれないなんて話には、本当にワクワクさせられる。