【NYオートショー】新型「インプレッサWRX」が、 ワイドボディになって登場!

2011年型スバル「インプレッサWRX」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

米国向け2011年型インプレッサ「WRX」が、ニューヨーク国際オートショーで公開された。スバルのプレス発表まで待ちきれず、まずはその新型WRXをひと目見ようと、我々は展示ブースへと向かった。

今回の大きな変更点はボディ幅だ。これまでも外観のデザインにわずかな変化はあったが、2011年モデルはフェンダーがよりワイドになり、約4センチも幅が広がっている。また、STIの現行モデルを思わせるスタイルで、フロントデザインやバンパーも一新され、標準装備のホイールサイズは17インチにアップしている。

Related Gallery:

Related Gallery:


パワートレインやインテリアは2010年モデルとほぼ同じだが、良く出来ているので、これまで通りで十分だろう。

プレス発表日にはWRXの詳しい情報とともに、インプレッサの最強バージョン「WRX STI」の新型モデルが初披露される。こちらはリアに大きなスポイラーを装着したデザインの復活がすでに話題となっている。

正式にお披露目されるまでは、高解像度ギャラリーとスバルのプレスリリース(英文)を見ていて欲しい。


インプレッサWRX購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!