燃費が向上した「フォード マスタングV6」でサーキット1000周走破に挑戦!

2011年型フォード マスタングV6の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

真のフォード マスタングファンならば、気になることはただ1つ。2011年型モデルに搭載された新しいパワートレインが、現行モデルよりもパワフルかどうかだ。

一方のフォードは、新型マスタングV6が、市街地でリッター8.1キロ、高速で13.2キロという低燃費をアメリカ環境保護局より正式に認定されていることもあり、パワー以上に改善された燃費の良さをアピールしたいようだ。


Related Gallery:2011 Ford Mustang 3.7-liter V6

そこで同社は、6月23日に開かれるテネシー州のブリストル・モーター・スピードウェイに出場し、1回の給油でマスタングV6を1000周走破させようと意気込んでいる。NASCARのレースでも有名なこのコースの1周はおよそ800m。全走行距離は約800kmとなる。

この挑戦では、1000周を超えることを目標に、燃料タンクが空になるまでフォードのテストドライバーがひたすらマスタングV6を走らせ続けることになる。

この記事を読んでいる読者には、このイベントが行われる前に、ぜひhttp://www.mustang1000lapchallenge.com/を見てほしい。マスタングV6が何周走れるかを予想して、見事予想が的中した人の中から、抽選で1名に2011年型マスタングV6が贈られるのだ。情報提供者に感謝!