マセラティがF1ドライバー、フェルナンド・アロンソにグランカブリオをプレゼント

フェルナンド・アロンソと新型マセラティ・グランカブリオの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

F1ドライバーはオフの時、どんな車に乗っているのだろうか? フェルナンド・アロンソのような2度のワールドチャンピオン経験を持つドライバーなら、いくらでも好きな車に乗れるだろう。だが自分のチームがメーカーワークス系の場合、ドライバーは与えられた車に乗るのが一般的だ。アロンソは、2001年にミナルディからF1デビューしたが、その後はいくつかのメーカーワークス系のチームに移籍した。ルノーや、マクラーレン・メルセデスを経てまたルノーに戻り、現在はフェラーリに在籍している。

Related Gallery:

Related Gallery:

アロンソはルノー時代、メガーヌRSに乗っており、後にこの車はインターネットオークションサイトのeBayに出品された。マクラーレン時代に乗っていたのはSLR 722だ。ということは、フェラーリに移った現在は、新型458イタリアかフェラーリ599あたりに乗るのではないかと世間では思われていただろう。

だが実は、フェラーリと同じグループ会社のマセラティが、アロンソに新型のグランカブリオをプレゼントしたのだ。ちなみにグランカブリオの北米での車名はグランツーリズモコンバーチブル。今シーズンの開幕戦を見事に制したアロンソが選んだグランカブリオのボディカラーは、黒に限りなく近いグレーだ。内装はパールベージュとボルドーのツートンで仕上げられ、キャンバストップもそんな内装とマッチしている。考えてみれば彼のチョイスは納得である。レース中、張り詰めた緊張感の中で高性能のF1マシンに乗っていれば、オフの時ぐらいリラックスできるような車に乗りたくなるのだろう。プレスリリース(英語)で詳細をチェックし、ギャラリーでグランカブリオの写真を見てほしい。




新車購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!