市販化が期待される「ブガッティ16Cガリビエール」の貴重な最新画像を入手!

ブガッティ16Cガリビエール・コンセプトの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

ブガッティは、16Cガリビエールの市販化についての情報公開をもったいぶっているようだ。16Cガリビエールは昨年9月のフランクフルトモーターショーには出品されず、ブガッティの創立100周年記念式典で一部の人にだけ公開されていた。そしてようやく一般公開となったのは、先日のジュネーブモーターショーでのことだ。

Related Gallery:


ブガッティは、親会社のフォルクスワーゲンが16Cガリビエールの市販化にGOサインを出したかどうかについて堅く口を閉ざしているため、この件はいまだ憶測の域を出ない。

だが今回、同社は我々の関心を引き止めておくために、16Cガリビエールの写真をふんだんに送ってくれた。ボディは、初公開時のブルーとシルバーのツートーンカラーではなく、ブラック1色になっている。

エンジンはヴェイロン譲りの8リッターW16気筒で、4つのターボチャージャーの代わりに2ステージツインターボ機構を採用している。トランスミッションはヴェイロンの7速DSGに取って代わり、8速オートマチックになるとのウワサだ。 我々は実際に街でこの豪快なエンジン音を聞くことができるだろうか? 

すべてはフォルクスワーゲンの手にかかっているが、とりあえずはギャラリーで16Cガリビエールの最新の写真を楽しんでほしい。




ブガッティ購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!