ドイツの名チューナーが手がけた、究極のアウディR8スパイダーを紹介!

Abtスポーツラインが手がけたR8スパイダーの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

アウディが新モデルを発表するたびに、ドイツのチューナー、Abtスポーツラインの面々はさぞ腕が鳴ることだろう。Abtといえば、70年代からフォルクスワーゲンやアウディを手がけてきたドイツの名チューナーだ。

Related Gallery:


2007年にはアウディA4をDTM(ドイツツーリングカー選手権)のシリーズチャンピオンに導き、昨年はR8 LMSをニュルブルクリンク24時間耐久レースで完走させて注目を浴びた。

さて、そのAbtが新たにアウディR8コンバーチブルのチューンを手がけた。見たところフロント、リア共に外観が一新されている。サイドシルも含めて、すべてカーボンファイバー製となり、足回りには軽量の5スポーク・ホイールが採用された。

もちろん、チューンされたのは外観だけではない。5.2リッターV10エンジンは、最高出力608ps、0-100km/hは3.8秒で最高時速も320kmをマークする。さらにスポーツサスペンションシステムがハンドリング性を高めているのだ。

Abtが「夢の一台」と呼ぶアウディR8スパイダー。ぜひギャラリーでチェックしていただきたい。




アウディR8購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!