【スパイショット】ノブレッセがチューンしたホンダ「CR-Z」が鈴鹿をテスト走行 ビデオ付き＀

ノブレッセのチューニングによるホンダ「CR-Z」が鈴鹿を走行するビデオは下をクリック

先日の記事でも触れたように、2011年型ホンダ「CR-Z」のスペックには不満が残ってしまう。その数日後、ホンダのチューナーであるSPOON社がチューニングパーツを発売するというニュースを報じたが、その性能についてはいまだ不明だ。そして今回、日本の有名チューナーであるノブレッセが自らチューニングした「CR-Z」で鈴鹿サーキットをテスト走行している映像が届いた。スペックを批判するのは実際の走りを見てからでも遅くないかもしれない。

Related Gallery:


今回施されたチューニングの内容が車高の調整とホイール・タイヤの交換のみということから、ノブレッセは単純に最高速を上げるようなチューニングはしておらず、鈴鹿での走行はあくまで高速時のテスト走行が目的のようだ。ビデオでは走行中の車内から撮影されたもので、多少分かりにくいが、随所で「CR-Z」の実力を垣間見ることができる。

ビデオには「CR-Z」の外観は映らないが、こちらをクリックして鈴鹿のフルコースを走る様子を見てみよう。ギャラリーの画像で外観のチェックもお忘れなく。情報提供者に感謝!





ホンダCR-Z購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!