【スパイショット】新型メルセデス・ベンツCクラスの最新情報

新型メルセデス・ベンツCクラスの高解像度ギャラリーは下をクリック

寒冷地テスト中の新型メルセデス・ベンツCクラスが、我々スパイフォトグラファーのカメラに収められた。その写真は、高級セダンの新しくなったフロントとリアをはっきりととらえている。年内に正式デビューするのではないかと見られているこの新型だが、写真を見ても分かるように、エクステリアについては全体的に手が加えられているようだ。

Related Gallery:Spy Shots: Mercedes-Benz C-Class


具体的に何が新しくなったのか見てみよう。フロントには、メルセデス・ベンツのラインアップ全体に標準装備されることになったLEDのデイタイム・ランニングライト(DRL)を採用。さらに、ヘッドライトが少し変更され、フロントグリルは垂直に近い形になり、ボンネットも一新されている。また、後ろにまわると、リアバンパーとLEDのテールライトにも改良が加えられている。

今回のスパイショットを撮ったカメラマンいわく、新型Cクラスのインテリアや性能面にもいくらか変更が施されている可能性があるようだ。我々はすでに現行モデルで十分満足しており、新型に大きな変化は求めていないが、メルセデス・ベンツならより燃費消費率を向上できるのではないかと期待している。