【ビデオ】プリウスに新たな加速トラブルが発生か?! メディアも騒然!

サンディエゴで起きたプリウスの事故を伝えるビデオは下をクリック

皆さんもご存じのとおり、トヨタは現在、大規模なリコールを実施している。プリウスでは、第2及び第3世代がリコール対象車だ。前者の原因は、フロアマットの不具合でアクセルペダルが戻らなくなる可能性があること、そして後者は、車体の横滑りを防止するABS(アンチロック・ブレーキ・システム)が作動すると、ブレーキの利きが遅れる問題があるためだ。

ところが先日、第2世代のプリウスに新たな問題があるかもしれないという事件が起こった。

CNNが伝えたところによると、事件が発生したのは、カリフォルニア州サンディエゴ近郊の高速道路。プリウスを運転していたジェームズ・サイクス氏が前の車を追い越そうとアクセルペダルを踏み込んだところ、そのままペダルが戻らなくなったという。サイクス氏は「(アクセルペダルが)いつもと違う感じがした。一瞬跳ね上がり、そのまま動かなくなってしまった」と語っている。

同氏はすぐさま警察に助けを求め、駆け付けたカリフォルニア・ハイウェー・パトロール(以下、CHP)が、パーキングブレーキを使用して停車するよう指示し、事なきを得たという。

サイクス氏は「車が暴走し始めてから何度もブレーキを踏んだが、利かなかった」と語っている。幸いなことに、この加速事故によるけが人はいなかったが、CHPの隊員によれば車の時速は145kmを超えていたという。

今回の事故を受けてトヨタは、専門家を派遣して調査にあたることを発表している。このニュースを伝えたCNNの映像もあるのでぜひみてもらいたい。情報提供に感謝!