タグホイヤー 創業150周年記念でテスラモータースとオープンカーをコラボ!

タグホイヤーテスラロードスターの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

テスラロードスターが、本当に0-100kmを約4秒で加速するのかどうか疑問に思ったことがあるなら、今度の新しい限定モデルに注目してほしい。なぜなら、かなりの正確にその性能を確かめることができるからだ。

というのも、スイスの時計メーカーであるタグホイヤー社が、創業150周年を記念してテスラモータースと共にスポーツカー「タグホイヤーテスラロードスター」を制作したのだ。そのコラボレーション作品は、ジュネーブモーターショーで発表されるという。

Related Gallery:

テスラモータースのチーフデザイナー、Franz von Holzhausen氏による輝くようなグレーのボディーやユニークなインテリアには、タグホイヤーのロゴやデザインがふんだんに取り入れられている。

また、5分の1秒単位の目盛り付きタグホイヤーの限定版ストップウォッチが付くほか、タグホイヤー専用の携帯電話を置くための場所も用意されている。さらに、センターコンソールに設置された「カッティングエッジコンセプトウォッチ」は、数週間後に開催される時計と宝飾品のトレードショーであるバーゼルワールドに出品される代物だという。

興味のある方は、プレスリリース(英語)をじっくり読んで、「革新的技術を身にまとった芸術品を人生に」という彼らの意気込みに触れてみよう。