【ビデオ】米国でストリッパーを乗せた宣伝トラックが禁止に! その意外な理由とは?

ストリッパーを乗せたトラックの宣伝が禁止に。ビデオを見るには下をクリック

フロリダ州タンパにある『Déjà Vu』というストリップクラブは、トラックで街中を走りながらストリップを見せるという変わった宣伝を行っていた。トラックの後部はガラス張りになっており、外からポールを使って踊るストリッパーたちが見える仕組みだ。

ところがこの宣伝は市当局によって中止させられてしまった。しかも、中止の理由は"車で走りながらのストリップショー"が違法ということではなく、トラックのナンバープレートがネバダ州のものだったからだという理由だ。

そもそも、ストリッパーを乗せた宣伝トラックの発祥地はラスベガスだが、"過激すぎる"という理由で本場では禁止となった。一方、フロリダ州の"ストリッパー・トラック"は、ナンバープレートの登録地区の問題が解決し次第、再開するという。ただしクラブのオーナーは、市当局の意向を尊重し、今後はストリッパーの露出を控えめにするらしい。また宣伝トラックが走行するのは午後10時以降で、歓楽街に限るそうだ。

これでストリップクラブに対する、憲法上の"集会を開く権利"は守られることになるし、当局も風紀の乱れを懸念する必要もなくなる。クラブと市当局双方、そして観光客にとっても満足のいく結果となった。下をクリックしてビックリ仰天するようなビデオを見てほしい。