米の高級車誌がカー・オブ・ザ・イヤーと最近10年のべストカーを発表

アメリカの上流階級向けライフスタイル雑誌『Robb Report』が2010年カー・オブ・ザ・イヤーを発表した。また、2009年も終わり10年という節目を迎えたことで、この10年で最もすばらしいと思われる車に贈られるカー・オブ・ザ・ディケイドも選ばれた。『Robb Report』のカー・オブ・ザ・イヤーには17年の歴史があるが、1年に2つの賞を選ぶのは初めてのことだ。さて、賞に輝いた車は?











Related Gallery:今週お誕生日のセレブたち!Happy Birthday!6/20-6/26

まずカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのはメルセデス・ベンツSLS AMG。他に候補に上がった11車種を押さえての栄冠だ。もちろん、決して悪い選択ではないが、編集者はガルウィングドアの本革巻ステアリングホイールに心奪われてはいないだろうか。ではお次。

Related Gallery:

カー・オブ・ザ・ディケイドに輝いたのはブガッティ・ヴェイロン16.4 グランドスポーツ。これは良い選択ではないだろうか? 2億円近くするオープンカーの乗り心地がどんなものだったかリンク先で思い出してもらうとしよう。間違いなく、賞に値する車だ。ぜひ、『Robb Report』のウェブサイトやRobbReport.tvをチェックしてほしい。ちなみに、RobbReport.tvではカリフォルニアのナパバレーで行われた候補車の試乗の様子をビデオで見ることができる。プレスリリース(英語)やギャラリーもお忘れなく。





メルセデス・ベンツSLS AMG、ブガッティ・ヴェイロン購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!