ナオミ・キャンベル仕様の「ロータスエヴォーラ」でハイチ復興を支援!

ロータスエヴォーラ「Naomi for Haiti」仕様の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

イギリスのスポーツカーメーカーであるロータスを、フェラーリポルシェとひとくくりにして語る人も多いだろう。しかし少なくとも価格面では、ロータスは他の2社と一線を画している。

ロータスは魅力的な車体デザインで知られているが、フェラーリやポルシェのように、4~5千万円もする超高級なフラッグシップモデルを看板とするようなことはしていない。

Related Gallery:Promo The evergreen rolling stones


しかし、何にでも例外はある。先週、ロータスはハイチ復興支援のために、スーパーモデルのナオミ・キャンベルとコラボした「ロータスエヴォーラ」の特別仕様車を8台限定で生産することを発表した。その最初のオークションが「ロンドン・ファッション・ウィーク」のチャリティ・ファッションショーで開催され、すでに4500万円近くの値が付いたという。

その車を落札したのは、なんとナオミ・キャンベルの恋人でロシアの新興財閥、ウラジーミル・ドローニン氏。彼は何としても「最初の1台」を手に入れようと、約4445万円を投じたようだ。

また、2台目には約4167万円が付いた上、3台目にも4000万程度の価格とされている。現在、特設サイト「naomiforhaiti.com」で残り5台がオークションにかけられている。入札期限は2月28日だ。詳細はプレスリリース(英語)で。




ロータスエヴォーラ購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!