【レポート】手のひらサイズのスキャナーで、車のキーを簡単コピー!

我々の生活に最新テクノロジーは欠かせないが、便利な技術は、使い方によって悪人の力強い味方になってしまうもの。そのいい例が、今回紹介する電子式キー複製機「Electronic Key Impressioner (EKI)」だ。

このスキャナーを用いれば、車のキーを数秒でコピーすることができ、スペアキーを作る手間がずいぶんと軽減されるというのだ。映画「60セカンズ」に登場するメンフィス・レインズのような車泥棒にはまさにうってつけの道具といえるだろう。

仕組みは、写真にある手のひらサイズのスキャナーでキーの形状データを読み取り、お尻のUSBポートを利用してデータをパソコンに取り込むと、専用のソフトウェアからキーコードにアクセスすることができるというもの。

こう書くと非常に便利な気はするが、もちろん落とし穴もある。まず、現段階で使用できるのはフォードの車種に限定されていること(開発者は今後、対応車種を拡大していくつもりらしいが)。また、この電子式キー複製機でスキャニングできるキーの形状は、昔ながらのものに限られる。つまり、今主流になりつつあるリモコンキーには対応できないのだ。

しかし、世界中には従来のキーを使用している車が数多く存在するのだから、このEKIが他のオートメーカーの車種にも対応するようになれば、車泥棒の笑いも止まらなくなるだろう。

この製品はどうやら今年の年末までには完成するらしい。とにかく、犯罪に利用されることがないよう祈るばかりだ。