ノーマルも「X6M」並みに?!BMW「X6」用純正アクセサリーが登場!

BMW Performanceのアクセサリーを装備した2011年型BMW X6の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

昨年、BMWが発表した「X6M」を見て、我々はこの車がBMWファンに受け入れられるのだろうかと心配になった(今でもX6Mをスポーツ・アクティビティ・クーペと呼ぶには違和感があるが・・・)。 

だが、X6Mの試乗を重ねた結果、パワーのある車だということは十分に理解できた。とはいえ、いまだに購入までの魅力は見いだせないでいる。今、ファンが一番期待を寄せているのは、おそらくX6用のBMW Performanceの純正アクセサリーに違いにない。これさえあれば、X6より600万円以上も高いX6Mを購入せずとも、そのパワーを堪能できるのだ。

Related Gallery:カダフィ大佐死亡

純正アクセサリーのラインナップには、X6の搭載エンジンに合わせて、2種類のパワーキットが用意されている。直列6気筒エンジン搭載のxDrive35iモデル用キットでは、310psの最高出力が331psに、40.8kgmの最大トルクが45.9kgmにパワーアップする。

また、V型8気筒エンジン搭載のxDrive50iモデル用キットでは、最高出力が413psから454psに、最大トルクは61.1kgmから66.2kgmへと大幅にアップする。0-100km/hは、xDrive35iモデルで6.5秒、xDrive50iモデルでは5.2秒となる。ちなみに、これらの数字は現行モデルとはパワートレインが変わった2011年型X6にキットを装備した場合のものだ。

さらに、改良されたフロントバンパー、サイドシル、ディフューザーが含まれたエアロダイナミック・パッケージも用意されている。リアスポイラーやリアフィン(カラーはマットブラック)、フロントグリル(カラーはブラック)が含まれたオプションも選択可能。

足回りには、より粘着性の高いゴムを付けた21インチのアロイ・ホイール、インテリアには、人工皮革アルカンターラを使ったフラットボトムタイプのステアリングやアルミペダルが用意されている。どれも決してお手軽価格ではないが、本格的なドレスアップをしたい人にとっては充実したラインアップと言えるだろう。

これらはすべてBMW純正アクセサリーであり、正規ディーラーで入手可能となっている。さらに詳しく知りたい方は公式プレスリリース(英文)を参照してほしい。




BMW X6やX6M,パーツ購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!