【レポート】ホンダ 新ハイブリッドシステムを搭載した大型車を近々発表か?!

ホンダの2009年型コンセプトカー「スカイデッキ」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

ホンダが最初にハイブリッド車を発表したのは、ライバルのトヨタとほぼ同時期。だが、売れ行きはトヨタを大きく下回っている。その原因は色々考えられるが、ホンダのインテグレーテッド・モーター・アシスト(IMA)がトヨタのハイブリッド・シナジー・ドライブに比べて、精巧さや燃費性能で劣っていることが挙げられるだろう。

だが、ホンダはまだハイブリッド車を諦めてはいない。ハイブリッドシステムの技術開発を進め、早ければ3年以内に次世代型IMAシステムを搭載した大型車を販売する予定だという。

Related Gallery:テニス・楽天ジャパンオープン2009

同社は以前、シビックより大きめのアコード・ハイブリッド(北米専用モデル)にハイブリッドパワートレインを搭載し販売したが、売れ行きや性能は予想を下回る残念な結果となってしまった。近い将来、ホンダが大型車用のハイブリッドシステムをいかに改良し、ハイブリッド車で人気のトヨタやフォードゼネラルモーターズ(GM)と競合できるか期待したいところだ。

少し話がそれるが、ホンダは依然としてディーゼルエンジンの開発に取り組んでいるようだ。ホンダの開発部門、本田技術研究所の川鍋智彦専務は、「インドやヨーロッパの市場で戦うには、小型ディーゼルエンジンの研究・開発が必要不可欠だ」と語っている。




ホンダのハイブリッド車購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!