ボルボ ネットもできるワイヤレス機能付きの新リアシートシステムを発表!

車内のネット環境もワイヤレス化という新たなステージに到達した。ボルボは、現在開催中のシカゴオートショーで、 "Windows XP、Wi-Fi、500GBハードドライブを搭載した業界初のリアシートエンタテインメント(RSE)システム"を披露した。

正確に言うと、今回は試作品として発表されたのだが、その発想はすばらしい。フロントシートのヘッドレストの裏側に取り付けられたリアシート用タッチパネルで、家庭用のパソコンと全く同じことができるのだ。さらにノートパソコンなどを車に持ち込んで、Wi-Fiで接続すれば、持ち込んだパソコン内にある音楽や映像をリアシートで楽しむこともできる。

プレスリリース(英文)によると、同システムはまだ試作段階とのことだが、我々は確かな関係筋から今年の夏に発表される2011年型ボルボXC60XC70には導入されるだろうという情報を得ている。

まずはプレスリリース(英文)でRSEi-500と呼ばれる同システムの仕様をチェックしておこう。




ボルボ車購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!