【ビデオ】最高出力717ps、時速約400キロのキャデラックCTS-V

ヘネシーのキャデラックCTS-Vのビデオは、下をクリック

以前我々は、「キャデラックCTS-V」を1週間借りたことがある。その時の評価は、「現在、発売されている自動車の中で最も素晴らしく、GMが製造した最高の車」というものだった。しかし、そんな優れた車にもまだ改善の余地があると考えたのは、米国のチューニングメーカー「ヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング」だ。

同社は、キャデラックCTS-Vが誇る558psの最高出力を、710ps以上にまで引き上げることに成功しているのだ。一体どのようにして、パワフルなLSA V8エンジンから152psもアップさせることができたのだろうか?

Related Gallery:誤解されがちなバンド名20選

ヘネシーは、吸排気システムやインタークーラー、エンジン内部のカムとヘッドにまで手を加えたそうだ。

その結果、最大出力は717ps/6300rpm、最大トルクは96.9kgmにアップした。また、0-100kmの加速は3.3秒、最高速度は約400km/hを実現したという。

ヘネシー社はテスト走行の様子をビデオに収めているので、チューンアップされたキャデラックCTS-Vの様子をぜひ堪能してほしい。