2011年型ポルシェ「911ターボS」の高解像度ギャラリーは下をクリック

ポルシェが、同社の新たな顔となる2011年型「911ターボS」を完成させた。「911 S」の5年振りの新型モデルで、「997型」としては初のモデルとなる。

「911ターボS」は、ツインターボチャージャー付きのフラットシックスを搭載。500psを誇る現行「911ターボ」と同レベルの燃費を実現しながら、出力は30ps増しの530psとなる。この強靭なパワーと最大71.4kgmに達するトルクが、7速PDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)を介して、センターロック式の19インチ・アルミホイールへ伝わり、この4WDを動かすのだ。

Related Gallery:

また、ポルシェ・トルク・ベクトリング(PTV)により、走行安全性も確保される模様。パフォーマンス的には、0-100km/hの加速が約3.3秒で、最高速度は315km/hをマークする。

現行の911モデルの中で最もパワフルで、同じ530psを生み出す「991 GT2」と比較してみても、「991 GT2」は0-100km/hが約3.7秒と、「911ターボS」が勝っている。だが、最高時速は「991 GT2」が329km/hであり、「911ターボS」の一歩上を行く結果となっている。

「911ターボS」は、通常タイプの他にカブリオレも用意され、来月開かれるジュネーブモーターショーで正式発表される。販売は5月にヨーロッパで開始されるが、日本では3月1日から受注を開始するそうだ。価格は、クーペが2365万円、カブリオレが2646万円となっている。




ポルシェ 911ターボS購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!